アドバンスドエンベデッドシステムソフトウェア開発

カテゴリ講座名日程場所状況カテゴリー(内部用)日程(内部用)
Vivado.pngVivado Design Suite でのFPGA設計導入4/5(木)~6(金)東京(XILINX)受付終了FPGAデバイス&ツールコース2018年4月
embe.pngZynq All Programmable SoC システムアーキテクチャ4/17(火)~18(水)東京(XILINX)受付終了エンベデッドコース2018年4月
Vivado.pngVivado Design Suite を使用したシミュレーション4/18(水)新横浜(hdLab)受付終了FPGAデバイス&ツールコース2018年4月
embe.pngZynq All Programmable SoC エンベデッドシステム開発4/26(木)~27(金)東京(XILINX)受付終了エンベデッドコース2018年4月
Vivado.pngXILINX FPGA向けRTL設計スタイルガイドセミナー4/26(木)~27(金)新横浜(hdLab)受付終了FPGAデバイス&ツールコース2018年4月
Vivado.pngVivado Design Suite でのFPGA設計導入5/8(火)~9(水)東京(XILINX)574FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
Vivado.pngVivado Design Suite でのパーシャルリコンフィギュレーション5/16(水)東京(XILINX)575FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
Vivado.pngVivado ロジック解析を使用したデバッグ テクニック5/17(木)~18(金)東京(XILINX)576FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
Vivado.pngVivado Design Suite でのタイミング制約と解析5/22(火)新横浜(hdLab)586FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
Vivado.pngVivado Design Suite ツールフロー5/23(水)東京(XILINX)577FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
Vivado.pngVivado Design Suite でのタイミング クロージャ5/23(水)新横浜(hdLab)587FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
embe.pngアドバンスドエンベデッドシステムハードウェア開発5/24(木)~25(金)東京(XILINX)578エンベデッドコース2018年5月
DSP.pngCコード ベースの設計 : Vivado HLx を使用した高位合成5/29(火)~30(水)東京(XILINX)579DSPコース2018年5月
Vivado.pngVivado Design Suite を使用したArtix-7 FPGA設計・開発入門6/5(火)新横浜(hdLab)588FPGAデバイス&ツールコース2018年6月
Vivado.pngVivado Design Suite でのFPGA設計導入6/7(木)~8(金)東京(XILINX)580FPGAデバイス&ツールコース2018年6月
Vivado.pngVivado Design Suite を使用したIPの管理6/12(火)新横浜(hdLab)589FPGAデバイス&ツールコース2018年6月
embe.pngZynq All Programmable SoC エンベデッドシステムソフトウェア開発6/20(水)~21(木)東京(XILINX)581エンベデッドコース2018年6月
embe.pngアドバンスドエンベデッドシステムソフトウェア開発6/22(金)東京(XILINX)582エンベデッドコース2018年6月
Vivado.pngVivado Design Suite での大規模デザインの設計手法6/27(水)新横浜(hdLab)590FPGAデバイス&ツールコース2018年6月
embe.pngC/C++によるSDSoC開発環境と設計手法6/28(木)~29(金)東京(XILINX)583エンベデッドコース2018年6月

このコースでは、ソフトウェアエンジニア向けに、Zynqの、プロセッシングシステム(PS)で利用可能なコンポーネントの活用方法を紹介します。

高度なブート方法、NEONコプロセッサ、PSシステムレベルのファンクションコントロールレジスタ、汎用割り込みコントローラ、DMA、イーサネット、およびUSBコントローラのプログラミングなどを説明します。

[このコースで学べること]

 

コース名アドバンスドエンベデッドシステムソフトウェア開発
ソフトウェアツールVivado Design Suite 2016.3
ハードウェアZynq-7000 All Programmable SoC ZC702 ボード
トレーニング期間1日間
受講料お一人様 4 TC or 49,000円(税込 52,920円)
受講対象者ザイリンクスのスタンドアロン ライブラリを使用したシステムの設計とインプリメンテーション、ソフトウェア アプリケーションの開発とデバッグに携わるソフトウェア設計エンジニア
受講要件・C または C++ プログラミングの経験 (一般的なデバッグ テクニックを含む)
・デバイス ドライバー、割り込みルーチン、スクリプトの記述と変更、ユーザー アプリケーション、ブート ローダー操作を含むエンベデッド プロセッシング システムの概念を理解している
コース内容講義
・ブート:概要,ブート メモリ テクノロジ,フロー
・ブート:PSプロセッサ,PL,セキュアブート,FSBL
・汎用割り込みコントローラー
・プロセッサキャッシュとSCLR
・NEONコプロセッサ
・DMA:概要, ブロックデザインと割り込み,リードとライト
・高速ペリフェラル:ギガビットイーサネット, USB
・低速ペリフェラル:UART, CAN, I2C, SPI,SD/SDIO
演習
・フラッシュ メモリからのブート ローディング
・ブート:PS プロセッサ
・ソフトウェアからPLのロード
・DMAのパフォーマンス解析
・lwIPの概要
・MicroBlazeプロセッサとPSリソースの共有