Zynq All Programmable SoC エンベデッドシステムソフトウェア開発

カテゴリ講座名日程場所状況カテゴリー(内部用)日程(内部用)
Vivado.pngVivado Design Suite でのFPGA設計導入4/5(木)~6(金)東京(XILINX)受付終了FPGAデバイス&ツールコース2018年4月
embe.pngZynq All Programmable SoC システムアーキテクチャ4/17(火)~18(水)東京(XILINX)受付終了エンベデッドコース2018年4月
Vivado.pngVivado Design Suite を使用したシミュレーション4/18(水)新横浜(hdLab)受付終了FPGAデバイス&ツールコース2018年4月
embe.pngZynq All Programmable SoC エンベデッドシステム開発4/26(木)~27(金)東京(XILINX)受付終了エンベデッドコース2018年4月
Vivado.pngXILINX FPGA向けRTL設計スタイルガイドセミナー4/26(木)~27(金)新横浜(hdLab)受付終了FPGAデバイス&ツールコース2018年4月
Vivado.pngVivado Design Suite でのFPGA設計導入5/8(火)~9(水)東京(XILINX)574FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
Vivado.pngVivado Design Suite でのパーシャルリコンフィギュレーション5/16(水)東京(XILINX)575FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
Vivado.pngVivado ロジック解析を使用したデバッグ テクニック5/17(木)~18(金)東京(XILINX)576FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
Vivado.pngVivado Design Suite でのタイミング制約と解析5/22(火)新横浜(hdLab)586FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
Vivado.pngVivado Design Suite ツールフロー5/23(水)東京(XILINX)577FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
Vivado.pngVivado Design Suite でのタイミング クロージャ5/23(水)新横浜(hdLab)587FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
embe.pngアドバンスドエンベデッドシステムハードウェア開発5/24(木)~25(金)東京(XILINX)578エンベデッドコース2018年5月
DSP.pngCコード ベースの設計 : Vivado HLx を使用した高位合成5/29(火)~30(水)東京(XILINX)579DSPコース2018年5月
Vivado.pngVivado Design Suite を使用したArtix-7 FPGA設計・開発入門6/5(火)新横浜(hdLab)588FPGAデバイス&ツールコース2018年6月
Vivado.pngVivado Design Suite でのFPGA設計導入6/7(木)~8(金)東京(XILINX)580FPGAデバイス&ツールコース2018年6月
Vivado.pngVivado Design Suite を使用したIPの管理6/12(火)新横浜(hdLab)589FPGAデバイス&ツールコース2018年6月
embe.pngZynq All Programmable SoC エンベデッドシステムソフトウェア開発6/20(水)~21(木)東京(XILINX)581エンベデッドコース2018年6月
embe.pngアドバンスドエンベデッドシステムソフトウェア開発6/22(金)東京(XILINX)582エンベデッドコース2018年6月
Vivado.pngVivado Design Suite での大規模デザインの設計手法6/27(水)新横浜(hdLab)590FPGAデバイス&ツールコース2018年6月
embe.pngC/C++によるSDSoC開発環境と設計手法6/28(木)~29(金)東京(XILINX)583エンベデッドコース2018年6月

このコースでは、ザイリンクス ソフトウェア開発キット (SDK) を使用して Zynq™ All Programmable SoC のソフトウェアを設計/開発する方法について説明します。デザイン サイクルにおけるソフトウェアの設計段階で必要となる、ツールの基本的な使用方法および概念を学びます。

[このコースで学べること]

コース名Zynq All Programmable SoC エンベデッド システムソフトウェア開発
ソフトウェアツールVivado Design Suite 2015.1
ハードウェアZynq-7000 All Programmable SoC ZC702 ボード
トレーニング期間2日間
受講料お一人様 8 TC or 98,000円(税込 105,840円)
受講対象者ザイリンクスのスタンドアロンライブラリを使用したシステムの設計、インプリメンテーション、ソフトウェアアプリケーションの開発、デバッグに携わるソフトウェア設計エンジニア
受講要件 ・C または C++ プログラミングの経験 (一般的なデバッグ テクニックを含む)
・デバイス ドライバー、割り込みルーチン、スクリプトの記述と変更、ユーザー アプリケーション、ブート ローダー操作を含むエンベデッド プロセッシング システムの概念を理解している
コース内容1 日目
・プロセッサ、ペリフェラル、およびツール
・スタンドアロン ソフトウェア プラットフォームの開発
・演習 : 基本システムのインプリメンテーション
・Linux ソフトウェア プラットフォームの開発
・SDK を使用したソフトウェア開発
・タンドアロン環境でのコード記述
・ザイリンクス Linux 環境でのコード記述
・演習 : アプリケーション開発
・アドレス管理
・割り込み
・演習 : ソフトウェアの割り込み
2 日目
・ソフトウェア プラットフォームのダウンロードとブート
・アプリケーションのデバッグ
・演習 : デバッグ
・アプリケーションのプロファイル
・演習 : SDKによるプロファイル
・カスタム デバイス ドライバーの記述
・演習 : デバイス ドライバーの記述
・最新のサービスおよびオペレーティング システム
・ザイリンクス デザイン ツールを使用したプロジェクト管理
・演習 : ファイル システム