C/C++によるSDSoC開発環境と設計手法

カテゴリ講座名日程場所状況カテゴリー(内部用)日程(内部用)
Vivado.pngVivado Design Suite でのFPGA設計導入4/5(木)~6(金)東京(XILINX)受付終了FPGAデバイス&ツールコース2018年4月
embe.pngZynq All Programmable SoC システムアーキテクチャ4/17(火)~18(水)東京(XILINX)受付終了エンベデッドコース2018年4月
Vivado.pngVivado Design Suite を使用したシミュレーション4/18(水)新横浜(hdLab)受付終了FPGAデバイス&ツールコース2018年4月
embe.pngZynq All Programmable SoC エンベデッドシステム開発4/26(木)~27(金)東京(XILINX)受付終了エンベデッドコース2018年4月
Vivado.pngXILINX FPGA向けRTL設計スタイルガイドセミナー4/26(木)~27(金)新横浜(hdLab)受付終了FPGAデバイス&ツールコース2018年4月
Vivado.pngVivado Design Suite でのFPGA設計導入5/8(火)~9(水)東京(XILINX)574FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
Vivado.pngVivado Design Suite でのパーシャルリコンフィギュレーション5/16(水)東京(XILINX)575FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
Vivado.pngVivado ロジック解析を使用したデバッグ テクニック5/17(木)~18(金)東京(XILINX)576FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
Vivado.pngVivado Design Suite でのタイミング制約と解析5/22(火)新横浜(hdLab)586FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
Vivado.pngVivado Design Suite ツールフロー5/23(水)東京(XILINX)577FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
Vivado.pngVivado Design Suite でのタイミング クロージャ5/23(水)新横浜(hdLab)587FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
embe.pngアドバンスドエンベデッドシステムハードウェア開発5/24(木)~25(金)東京(XILINX)578エンベデッドコース2018年5月
DSP.pngCコード ベースの設計 : Vivado HLx を使用した高位合成5/29(火)~30(水)東京(XILINX)579DSPコース2018年5月
Vivado.pngVivado Design Suite を使用したArtix-7 FPGA設計・開発入門6/5(火)新横浜(hdLab)588FPGAデバイス&ツールコース2018年6月
Vivado.pngVivado Design Suite でのFPGA設計導入6/7(木)~8(金)東京(XILINX)580FPGAデバイス&ツールコース2018年6月
Vivado.pngVivado Design Suite を使用したIPの管理6/12(火)新横浜(hdLab)589FPGAデバイス&ツールコース2018年6月
embe.pngZynq All Programmable SoC エンベデッドシステムソフトウェア開発6/20(水)~21(木)東京(XILINX)581エンベデッドコース2018年6月
embe.pngアドバンスドエンベデッドシステムソフトウェア開発6/22(金)東京(XILINX)582エンベデッドコース2018年6月
Vivado.pngVivado Design Suite での大規模デザインの設計手法6/27(水)新横浜(hdLab)590FPGAデバイス&ツールコース2018年6月
embe.pngC/C++によるSDSoC開発環境と設計手法6/28(木)~29(金)東京(XILINX)583エンベデッドコース2018年6月

本コースでは、フルシステムの最適化を C/C++ のみで実現するコンパイラを備えたSDSoCによるソフトウェア・ハードウェアの開発方法と、設計手法について説明します。 このコースを受講することで、システム・アーキテクチャ・レベルで既存の設計を加速するための方法が学べます。

[このコースで学べること]

コース名C/C++ によるSDSoC開発環境と設計手法
ソフトウェアツールSDSoC 2016.3
ハードウェアツールZynq-7000 All Programmable SoC ZC702 ボード
トレーニング期間2日間
受講料お一人様 8 TC or 98,000円(税込 105,840円)
受講対象者ソフトウェアで構築されたシステムに対してハードウェア・アクセラレーションを検討しているエンジニア
受講要件・Zynq-7000のアーキテクチャの理解
・C プログラミングに関する知識
・Vivado HLSツール、およびザイリンクスSDKに関する知識
コース内容1 日目
・Zynq AP SoCアーキテクチャによるアクセラレータのサポート
・演習 1 : ポート選択のシステム パフォーマンスへの影響
・ソフトウェアの概要
・SDSoC ツールの概要
・演習 2 : SDSoC ツールの概要
・SDSoCツール デザイン ベスト プラクティス
・アプリケーションのプロファイリング
・演習 3 : SDSoCツールのプロファイル
2 日目
・アプリケーションのデバッグ
・演習 4: デバッグ
・SDSoCツールの予測の理解
・演習 5: SDSoCツールの見積もりの理解
・SDSoCツールのブロッキングとノンブロッキングのインプリメンテーション
・演習 6: 非同期アクセラレータの呼び出し
・SDSoCツールの複数アクセラレータの実装
・演習 7: 複数のアクセラレータ
・演習 8: AXI 接続の上書き
・SDSoCプラットフォーム作成
・ハードウェア/ソフトウェアのイベント トレース