UltraScale アーキテクチャ FPGA デザイン

カテゴリ講座名日程場所状況カテゴリー(内部用)日程(内部用)
Vivado.pngVivado Design Suite でのFPGA設計導入4/5(木)~6(金)東京(XILINX)受付終了FPGAデバイス&ツールコース2018年4月
embe.pngZynq All Programmable SoC システムアーキテクチャ4/17(火)~18(水)東京(XILINX)受付終了エンベデッドコース2018年4月
Vivado.pngVivado Design Suite を使用したシミュレーション4/18(水)新横浜(hdLab)受付終了FPGAデバイス&ツールコース2018年4月
embe.pngZynq All Programmable SoC エンベデッドシステム開発4/26(木)~27(金)東京(XILINX)受付終了エンベデッドコース2018年4月
Vivado.pngXILINX FPGA向けRTL設計スタイルガイドセミナー4/26(木)~27(金)新横浜(hdLab)受付終了FPGAデバイス&ツールコース2018年4月
Vivado.pngVivado Design Suite でのFPGA設計導入5/8(火)~9(水)東京(XILINX)574FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
Vivado.pngVivado Design Suite でのパーシャルリコンフィギュレーション5/16(水)東京(XILINX)575FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
Vivado.pngVivado ロジック解析を使用したデバッグ テクニック5/17(木)~18(金)東京(XILINX)576FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
Vivado.pngVivado Design Suite でのタイミング制約と解析5/22(火)新横浜(hdLab)586FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
Vivado.pngVivado Design Suite ツールフロー5/23(水)東京(XILINX)577FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
Vivado.pngVivado Design Suite でのタイミング クロージャ5/23(水)新横浜(hdLab)587FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
embe.pngアドバンスドエンベデッドシステムハードウェア開発5/24(木)~25(金)東京(XILINX)578エンベデッドコース2018年5月
DSP.pngCコード ベースの設計 : Vivado HLx を使用した高位合成5/29(火)~30(水)東京(XILINX)579DSPコース2018年5月
Vivado.pngVivado Design Suite を使用したArtix-7 FPGA設計・開発入門6/5(火)新横浜(hdLab)588FPGAデバイス&ツールコース2018年6月
Vivado.pngVivado Design Suite でのFPGA設計導入6/7(木)~8(金)東京(XILINX)580FPGAデバイス&ツールコース2018年6月
Vivado.pngVivado Design Suite を使用したIPの管理6/12(火)新横浜(hdLab)589FPGAデバイス&ツールコース2018年6月
embe.pngZynq All Programmable SoC エンベデッドシステムソフトウェア開発6/20(水)~21(木)東京(XILINX)581エンベデッドコース2018年6月
embe.pngアドバンスドエンベデッドシステムソフトウェア開発6/22(金)東京(XILINX)582エンベデッドコース2018年6月
Vivado.pngVivado Design Suite での大規模デザインの設計手法6/27(水)新横浜(hdLab)590FPGAデバイス&ツールコース2018年6月
embe.pngC/C++によるSDSoC開発環境と設計手法6/28(木)~29(金)東京(XILINX)583エンベデッドコース2018年6月

このコースでは、FPGA の使用経験を持つ設計者とその経験のない設計者の両方を対象に、最先端の UltraScale™ アーキテクチャをいかした設計方法を紹介します。ここでは Vivado® Design Suite を使用して、UltraScale FPGA ファミリの新しいリソースや改良されたリソースを活用した設計方法を身に付けることに重点を置いています。

具体的には、新しい CLB リソース、クロック管理リソース (MMCM、PLL)、グローバル クロック リソース、リージョナル クロック リソース、メモリ リソース、DSP リソース、ソース同期リソースなどについて解説します。また、専用トランシーバーや Transceiver Wizard の改善点、Memory Interface Generator (MIG) 使用や新しい DDR4 メモリ インターフェイスの性能についても説明しています。

さらに、デザインおよび IP を UltraScale アーキテクチャへ移行する最善の方法について考察し、Vivado Design Suite を使用したデザイン移行について説明します。講義と演習を組み合わせたトレーニングにより、基本原則に基づきながらも実践的な応用を可能にします。

[このコースで学べること]

コース名UltraScale アーキテクチャ FPGA デザイン
ソフトウェアツールVivado Design Suite 2016.1
トレーニング期間2日間
受講料お一人様 8 TC or 98,000円(税込 105,840円)
受講対象者UltraScale デバイス ファミリを使用するすべての設計者
受講要件・「Vivado Desin SuiteでのFPGA 設計導入コース」を修了した方
・VHDL または Verilog の中級レベルの知識
コース内容1 日目
・UltraScale アーキテクチャの概要
・デザイン移行に推奨されるソフトウェア
・CLB アーキテクチャおよび HDL コーディング スタイル
・演習 1 : CLB リソースの最適なコーディング スタイル
・クロック リソース
・演習 2 : クロックの移行
・演習 3 : クロック リソース
・メモリ リソースおよび DSP リソース
・演習 4 : DDR3 MIG デザインの移行
・演習 5 : DDR4 MIG デザインの作成
2 日目
・I/O リソース
・演習 6 : コンポーネント モード I/O
・FPGA デザインの移行
・デザイン移行のケース スタディ
・演習 7 : QSGMII デザインの移行
・演習 8 : 10G PCS/PMA および MAC デザインの移行
・デモ : Transceiver Wizard
・トランシーバー概要
・演習 9 : トランシーバー コア リソース