Vivado ロジック解析を使用したデバッグ テクニック

カテゴリ講座名日程場所状況カテゴリー(内部用)日程(内部用)
Vivado.pngVivado Design Suite でのFPGA設計導入4/5(木)~6(金)東京(XILINX)受付終了FPGAデバイス&ツールコース2018年4月
embe.pngZynq All Programmable SoC システムアーキテクチャ4/17(火)~18(水)東京(XILINX)受付終了エンベデッドコース2018年4月
Vivado.pngVivado Design Suite を使用したシミュレーション4/18(水)新横浜(hdLab)受付終了FPGAデバイス&ツールコース2018年4月
embe.pngZynq All Programmable SoC エンベデッドシステム開発4/26(木)~27(金)東京(XILINX)受付終了エンベデッドコース2018年4月
Vivado.pngXILINX FPGA向けRTL設計スタイルガイドセミナー4/26(木)~27(金)新横浜(hdLab)受付終了FPGAデバイス&ツールコース2018年4月
Vivado.pngVivado Design Suite でのFPGA設計導入5/8(火)~9(水)東京(XILINX)574FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
Vivado.pngVivado Design Suite でのパーシャルリコンフィギュレーション5/16(水)東京(XILINX)575FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
Vivado.pngVivado ロジック解析を使用したデバッグ テクニック5/17(木)~18(金)東京(XILINX)576FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
Vivado.pngVivado Design Suite でのタイミング制約と解析5/22(火)新横浜(hdLab)586FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
Vivado.pngVivado Design Suite ツールフロー5/23(水)東京(XILINX)577FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
Vivado.pngVivado Design Suite でのタイミング クロージャ5/23(水)新横浜(hdLab)587FPGAデバイス&ツールコース2018年5月
embe.pngアドバンスドエンベデッドシステムハードウェア開発5/24(木)~25(金)東京(XILINX)578エンベデッドコース2018年5月
DSP.pngCコード ベースの設計 : Vivado HLx を使用した高位合成5/29(火)~30(水)東京(XILINX)579DSPコース2018年5月
Vivado.pngVivado Design Suite を使用したArtix-7 FPGA設計・開発入門6/5(火)新横浜(hdLab)588FPGAデバイス&ツールコース2018年6月
Vivado.pngVivado Design Suite でのFPGA設計導入6/7(木)~8(金)東京(XILINX)580FPGAデバイス&ツールコース2018年6月
Vivado.pngVivado Design Suite を使用したIPの管理6/12(火)新横浜(hdLab)589FPGAデバイス&ツールコース2018年6月
embe.pngZynq All Programmable SoC エンベデッドシステムソフトウェア開発6/20(水)~21(木)東京(XILINX)581エンベデッドコース2018年6月
embe.pngアドバンスドエンベデッドシステムソフトウェア開発6/22(金)東京(XILINX)582エンベデッドコース2018年6月
Vivado.pngVivado Design Suite での大規模デザインの設計手法6/27(水)新横浜(hdLab)590FPGAデバイス&ツールコース2018年6月
embe.pngC/C++によるSDSoC開発環境と設計手法6/28(木)~29(金)東京(XILINX)583エンベデッドコース2018年6月

FPGA デザインがその複雑さを増しつつある中で、開発者は設計およびデバッグの時間を短縮する方法を常に必要としています。強力でありながら使いやすい Vivado® ロジック解析を使用するデバッグ ソリューションは、検証とデバッグにかかる時間を最小限に抑えることができます。  このトレーニング コースでは、コアおよびツールについて紹介し、トリガーの有効な使用法を説明するだけでなく、デザインを効率的にデバッグすることで設計/開発の総時間の短縮を可能する方法を示します。このコースには、Vivado デバッグ ツールを使用することで、検証やデバッグにおける課題をいかに解決できるかを学習する実践的な演習が含まれます。

[このコースで学べること]

コース名VVivado ロジック解析を使用したデバッグ テクニック
ソフトウェアツールVivado Design Suite 2015.3
ハードウェアKintex-7 FPGA KC705ボード
トレーニング期間2日間
受講料お一人様 8 TC or 98,000円(税込 105,840円)
受講対象者検証やデバッグに要する時間を短縮したいと考えるシステムおよびロジックの設計者
受講要件・HDL (VHDL または Verilog) の基礎知識がある方
・基本的な FPGA 設計スキル
・中級レベルの FPGA 設計スキル
・「Vivado Design Suite でのFPGA 設計導入」コースの修了、または同等の知識を有する
コース内容・Vivado Logic Analyzerツールの動作の仕組み
・デバッグ コアの追加 - ネットリスト挿入フロー
・演習 1: ネットリスト挿入フローを使用したデバッグ コアの挿入
・デバッグ コアのインスタンシエート - HDL インスタンシエーション フロー
・演習 2: HDL インスタンシエーション フローを使用したデバッグ コアの追加
・IP インテグレーターでのデバッグ フロー
・演習 3: デバッグ フロー - IPI ブロック デザイン
・データのトリガーおよび可視化
・活用テクニックとヒント
・演習 4: 活用テクニックとヒント
・スクリプト
・演習 5: VIO Tcl スクリプト
・リモート アクセス
・演習 6: リモート アクセス[オプション]